静岡だもんで

静岡と東京を行ったり来たりしながら感じたことを綴ります(不定期更新)

歩数の差

仕事の都合などあり、昨年と今年で生活環境が下記のように切り替わりました。
◎昨年(2016年)静岡生活、たまに東京
◎今年(2017年)東京生活、たまに静岡

先日ふと「しばらく車を運転してないなー」と思った流れで、普段は見ていないスマホの歩数記録を確認。

f:id:Protopeller:20170624103608j:image

左は昨年11月から12月にかけての「車移動メインな静岡生活」での歩数。右は今月の「車を運転しない東京生活」での歩数。

 

差は歴然!!

 

11〜12月は寒いので余計に歩き回らないというのもあるけど、たしかに地元(静岡県西部地区)では出かける時は車が当たり前。10分以上歩くような距離だと車。浜松在住の友人が「バス停まで30分歩くとか変態扱いされるもん」と言ってたけど、ホントそんな土地柄。イオンモールららぽーとへ買い物に行った時と、子供を連れて大きな公園へ遊びに行った時などは普段よりも歩くとは思うけど、毎日それなりに歩数を稼ぎたいとなると、意識して時間確保してウォーキングでもしないと難しいだろうなー。

対して、東京は「駅までの道のり」はもちろん「駅での乗り換え」や「駅から目的地まで」など、細切れながらも思っている以上に歩いているんだなーと。

 

車を運転しつつ、自然と歩数も稼げる生活ってどんなのだろう?

そういえば、地元では大きな会社や工場って、社員用の駐車場がものすごく広かったり、建物から離れていたりすることが多い印象。そこに通勤している人は、移動の基本は車でも、歩数(歩く距離)もそれなりだったりするのかな。(情報求ム)

ここからは妄想だけど、自動運転が普及して、車移動しながらも体や意識を自由にできるようになったら、足もとがウォーキングステップに切り替わって歩行運動できるような仕組みができないかなー。更に発展して、腹筋や胸筋を鍛えたりする「筋トレできる個室ジム」のような仕組みが自動運転車に装備されたりしたら面白い。実現したら、多忙だけど健康意識の高い人の需要はあるんじゃなかろうか。

 

ちなみに、全然歩かないよりも歩いたほうが健康的。それなら車社会な地元の人は不健康かというと答えはNO。むしろ健康寿命は全国トップクラス。東京と比較するとデータ上では静岡のほうが健康的。もちろんお茶の影響はあるとは思うけど、もっと単純に「ストレスが少ない」てのも大きく影響しているのではないかと。

東京生活では歩く機会は増えるけど、地方に比べたらどうしても人が多いし自然も少ない。意識してなくても、無意識のうちに心と体が蝕まれていたりするんだろうなー。(個人の見解です)

 

見方を変えると、ただでさえ健康的な地元で、歩けば更に健康的。

田んぼ道、川沿い、海の近くなど、歩きやすくて気分良い場所が沢山あるし、地元にいる時は意識して歩くようにしてみます。