読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡だもんで

静岡と東京を行ったり来たりしながら感じたことを綴ります(不定期更新)

静岡から東京まで日帰り往復して判ったこと

昨年11月の平日に、車で静岡から東京まで日帰り往復した時の話をツラツラと。

 

高速道路のETC深夜割引(3割引きなので侮れない)が適用されるのは0〜4時。4時までに実家から最寄りの「袋井IC」に入れるよう3時起き。支度して3時30分に出発。

途中でコンビニとガソリンスタンドに寄ったら時間ギリギリ。車の時計は3時56分。間に合って一安心と思いつつETCレーンを通ろうとしたら、バーが上がらない。。。

どうやら機器にカードがちゃんと挿入できていなかった模様。後ろから車がやってくる気配も全く無かったので、一旦バックさせて道の脇に車を寄せ、カードをしっかりと挿入。改めてレーンに入ろうとしたところ、一般レーンでもらう券がニュッと表れ、スピーカーからおじさんの声で「チケットを取ってそのまま通ってくださいー」という案内が。ETCの深夜割引を利用したい旨を伝えたところ「出る時に窓口で事情を説明してもらえれば大丈夫」とのこと。ホントに?

一抹の不安を抱えつつ、券を受け取り高速へ。

東名高速を走り、都内の入口である「用賀」で降りる予定だけど、着く頃はちょうど朝の通勤が始まる時間帯。精算時、もしもの事態で後続車が詰まる状況だけは避けたいなー、ホントに大丈夫かなー、などなど考えていたところ「海老名」を通過した辺りで、電光掲示板に「川崎〜用賀まで渋滞」という情報が表示され出した。

これからますます混んでいく時間。ハマったらなかなか抜け出せないことは容易に想像できる。それならまだ一般道をクネクネ走ったほうが気分的に楽。もし思っていたより早く到着すれば一石二鳥になるね。よし「用賀での清算」を避ける立派な(?)理由ができたぞ。というわけで、渋滞の手前「横浜青葉」で高速を降りることが決定。

朝の「横浜青葉」は、乗ってくる車は多いけれど降りる車はほとんどいなくて精算レーンはガラガラ。一瞬だけホッとしつつ、窓口におじさんがいるレーンへ恐る恐る進み、ETC深夜割引で精算したい旨を説明。券で入場時間を確認し、言われるがままにETCカードを渡したところ、無事に目的に沿った対応をしてくれた。

正直、「袋井」で高速に入る時、車がレーンで詰まるのを避けるため、適当におじさんが言った話かと思っていたけれど、嘘じゃなかったんだね。疑ったりしてごめんなさい。

 

まずはの目的地は「中野」。「横浜青葉」で高速を降りた後、246や甲州街道は通勤時間帯に激混みするイメージがあるので回避したい。過去の記憶を遡って選んだルートは「柿生→よみうりランド→矢野口→調布/そこから北上して東八道路を東に走って環八へ/高井戸から五日市街道に入って東高円寺/環七をちょびっと北上して大久保通りを通って中野」といった流れ。

結果、渋滞にハマることもなく、予定より1時間以上も早く「中野」に到着。

続いて、中野駅近辺で駐車場に入れなければならないけど、事前に調べた限りでは日中の上限2000円超えは覚悟しなければいけないエリア。「新宿」歌舞伎町TOHOシネマズの1000円駐車場へ停めて「中野」まで電車で往復することも考えたけど、移動の面倒臭さより、少し高くても近場で停めることを優先させようと、直接「中野」まで来てみた。あとは、空きを見つけたら適当に停めようと。

で、来てみてビックリ。

北口の再開発エリア。区役所の奥、大学などの新しくて大きな建物が立ち並んでいる中の1つのビルに上限1300円で停められる駐車場を発見。調べてた相場より1000円ほど安い。迷わず停車。

停めて外に出て駅方面へ向かって歩いている時に判ったのだけど、このエリアは上限が1300から1500円で停められる。同じ中野駅近辺でも、東側や南側(タイムスとか)だとやはり上限2000円超えが当たり前。今回停めた駐車場は、18時までで上限1300円。もっと遅い時間まで停めたければ、23時まで停められて上限1500円というところもあった。月並みな意見だけど、現地に行って気づくことは多い。

 

「中野」での用事を終えた後は、環七を北上して「小竹向原」へ。この流れは道も用事もスムーズに進んでストレスゼロで無事終了。

 

次なる目的地は「小田原」。予定よりも早め早めに動いていたので、行けるところまで下道で走って、もし間に合わなければ高速に乗ればいいやと考えていたけど、特に道が混むこともなく「環七を下る→246を西へ→平塚から国道1号線」という流れで「小田原」に到着。

久しぶりに会う友達夫婦と少し早めな夕食を済ませ、19時過ぎに「小田原」を出発。

ETC深夜割引が適用される24時過ぎに地元に着くように帰ろうかなと考えていたけれど、それだとどこかで2〜3時間潰す必要がある。それならいっそ高速に乗らず、このまま国道1号線を走って行けるところまで行けばいいじゃないかと。しんどくなったら、残りの距離は高速に乗ればいいわけで。

「小田原」を過ぎると「箱根」が待っている。考えてみると、静岡県から神奈川県への「東へ向かう」箱根超えはしたことあるけど、逆は無い。更に、夜の箱根峠を車で走ったことも無い。初めてじゃないけど初めての箱根超えにワクワク。

山道なりにグネグネしているけれど、さすがの国道1号線。照明も整っているので夜だけど走りにくいことは一切無く、むしろ想像より遥かに快適なドライブ。そしてなにより、峠を越えた辺りから見えてきた「御殿場&三島」の夜景とてもキレイで感動。こういう御褒美があったんだね。

 

で、今回1番の収穫となった発見は「静岡県内では国道1号線はほぼバイパス」ということ。

 

信号も片手で数えるほどしかなく、しかも2車線。グネグネした箱根を越えた時点では「まだまだ先は長いよな」と覚悟していたけれど、高速道路とほとんど変わらない感覚で走り続けることができる。実際のところ、夜の「袋井〜富士」なら、東名高速国道1号線で所要時間に30分も差が出ないレベルじゃないかと。それで高速料金が片道3000円近く浮くなんて最高じゃないか。浮いた分で美味しいものを食べられれば尚素晴らしけり。

そんなこんなで静岡県内はノンストップ走行。夜なので「富士市」通過時には工場夜景も見えてテンションアップ。昼ならきっと「清水」辺りでキレイな駿河湾を横目に走ることも可能。いいね、いいね。

効率化が求められる時代だけど、良い意味で「適当」に動いたことで、発見が多かった1日でした。

 

その後、12月に日帰りで名古屋へ行った帰りにも、あえて高速を使わず国道1号線を走ってみたところ、豊橋を過ぎて静岡県内に入ってからは、予想通り「ほぼバイパス状態」で予想以上のスムーズさで帰宅。

 

「結論:静岡県内の国道1号線は、とっても快適」

※地元の人にとっては当たり前すぎることかもしれない話を長々と失礼しました