読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡だもんで

静岡と東京を行ったり来たりしながら感じたことを綴ります(不定期更新)

コーヒーとネットと電源と

Wi-Fiやコンセントが使えるお店が増えてますね。

外出先で作業することが多いので、Wi-Fiや電源の環境は気になるし、自然と「それらが使えるから、そのお店を利用する」という選び方になっています。iPhoneテザリングも可能ですが、通信制限を気にせず使えるに越したことはないので(画像や動画の確認も多いので尚更)、少なくともWi-Fi有無は大事。

東京では、コーヒー飲もうとお店に入ったら、半分以上の客がノートPCに向かって作業しているといった光景もしばしば。対照的に、地元ではほとんど見かけません。いても店内の1〜2割いるかどうか。10人いたら1人がノートPCでカチャカチャしていて1割。そこに僕も加わって2割になるようなイメージ。

そんな地元の「外出先でコーヒー飲みながら作業するために気軽に入れる」という条件を満たすお店のメモ。

 

価格で選ぶなら

マクドナルド:

なんといってもコーヒーSサイズ100円。気軽に入れるという意味では最上級。「袋井インター店」は営業時間6時〜23時。電源も取れる。ただ、マックが提供するWi-Fiは「1日1時間まで」という高橋名人のような制限付き。登録やログインも少々面倒。コーヒー飲みたい+急ぎ対応+短時間で済む作業+電源も取りたいという条件が揃った時向け。

 

Wi-Fiの手軽さで選ぶなら

珈琲屋らんぷ:

http://www.ranpu.co.jp

ここ1年で地元に立て続けにできたチェーン店。朝6時〜24時まで営業。登録やログインといった手続き一切抜きで無料でWi-Fiが利用できる。電源は取れない。セキュリティに神経質な人にはオススメできないけど、ノートPC、iPadiPhonekindleなど、手持ちのデバイス全てを面倒な手間無くWi-Fi接続させられる(しかも安定している)のはとても便利。ちなみに、6時〜12時までモーニングサービスで玉子トーストが付く。食事メニューがほとんど無いため昼食の時間帯はガラガラ。バッテリーが足りていて集中して作業するには適した環境。珈琲レギュラー380円。

 

ドリンクバーを利用したいなら

ガスト:

自分が契約している携帯キャリアはau。そのauの「LTEフラット」プランだと、最強の公衆無線LAN「Wi2(接続画面の表示は Wi2Premium)」が利用可能ということが先日発覚。地元では、ガスト、コメダ、ケンタッキー、エクセルシオールなどでWi-Fiが利用可能になります。その中だったらドリンクバーのあるガストをついつい選びがち。スマホのクーポン使えばドリンクバーは約150円。ただし必ずもう1品注文しなければならず、最低でも400円超えコース。電源も取れない。なので、バッテリーが足りている+長時間作業を覚悟+空腹も満たしたいという条件が揃った時のみ利用。

▼Wi2ログイン画面

f:id:Protopeller:20170127125232j:image

ちなみに、マクドナルド「袋井インター店」もWi2エリアになっているけど、繋がったと思ったらすぐ切れるを繰り返し、なぜか全く安定しない。日を改めて訪れたりで何度か試したけど結果はいつも同じ。安定して使えたら「コーヒー100円+時間気にせずWi-Fi+電源取れる」と好条件が揃って便利なんだけど……。

 

で、なんやかんか良く利用するのは

モスバーガー

車でひょいと行ける範囲に3店舗(袋井店、磐田店、ららぽーと磐田店)。袋井店と磐田店は営業時間が9時〜24時なので、夕食後に集中して作業したい時にも便利。利用するには最初にアカウント作成(登録)が必要だけど、そこまで面倒なものではなかったし、1度ログインしたら、そこから24時間利用可能(すなわち、その日お店にいる間はずっと利用可能)。接続も安定。席によっては電源も取れます。

▼モスでもWi2が繋がるけど、安定度はモスWi-Fiの圧勝

f:id:Protopeller:20170127130248j:image

モスはコーヒー250円。マクドナルド(100円)と珈琲屋らんぷ(380円)のほぼ中間。これが、6枚綴りのチケットを購入すると1杯辺り約183円にプライスダウン。更に2杯目以降は100円。3杯飲んで、ようやく珈琲らんぷ1杯分。

▼こちらのチケット

f:id:Protopeller:20170127130721j:image

というわけで、地元でコーヒー飲みながら作業する際に、現時点での個人的ベストは「モスバーガー」です。……と書いている今もモスにいます(笑

f:id:Protopeller:20170127132138j:image 

 

地元では、場所や時間を選ばず仕事するスタイルが受け入れられているとは感じられないので、全く期待してなかったのが正直なところ。いやいや、思ってる以上に求めている環境はしっかり整っていますってばよ。(反省)