読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡だもんで

静岡と東京を行ったり来たりしながら感じたことを綴ります(不定期更新)

働き方とSNS

仕事 なるほど 疑問 静岡 袋井 磐田 浜松

地方ではSNSによる口コミ拡散が弱い。その理由は、移動の基本手段が「車」で、行動の基本単位が「家族」なので、常にスマホをいじれる環境ではないから。情報収集のメインがスマホ(ネット)ではないから。

……と、これまでのブログで書いてきましたが、地方で(というか正しくは「地元」で)情報収集の中心にスマホが無いのは「車」と「家族」以外にもう1つ大きな要因があるんじゃないかと感じた出来事がありまして。

 

先日、久しぶりに再会した知人と話をしていた時のこと。

その知人も、元々は東京で仕事をしていたけど、自宅作業で賄えるということで、数年前に地元である地方(四国)へUターン。

僕は地元では個人事業主(フリーランス)としての働き方がなかなか理解されないのだけど、同じように周りから怪しい人に見られてないか気になって質問してみたところ……

 

知人「地元ってどの辺りだっけ?」

僕「静岡県の西部地区です」

知人「あの辺りなら大きい企業もあるし勤め先がいっぱいあるんじゃない?」

僕「ありますねー」

知人「ウチの地元、そういうみんなが勤める有名な企業とか無いからさ、周りもみんな自分でお店やったりする個人事業主ばかりなんだよねー。だから『君もそういう人なのね』くらいな認識になってるから大丈夫だよ」

 

そっか、僕の地元は「勤め人が多い土地柄」なので個人事業主の立場は理解されにくい。なるほどー。で、企業の勤め人だと、仕事中に自由にネットできないし、自らの仕事(活動)をSNSで発信する必要が無い。必要が無いので、そこまで頻繁に(意識して)SNSに触れない。触れないので、SNSによって口コミ拡散されにくい。

そういえばで気づいたのは、地元でも個人経営の飲食店などは、営業時間や空席・予約状況、新メニューのお知らせなど、宣伝や客とのコミュニケーションとしてFacebookTwitterなどSNSを活用している印象。

 

企業の勤め人:自由にネットできないし、SNSで情報発信する必要が無い

個人事業主:自由にネットできるし、SNSで積極的に情報発信している

実はココの差が大きいのでは?

 

車社会だったり家族単位での行動だったりは「スマホをいじる時間が少ない」に影響しているとは思いますが、一歩突っ込んだ「SNSを活用するか」は、働き方が大きく影響しているのかも。となると、地方の中でも、個人事業主として働く人の多い地域ではSNSの口コミが有効で、我が地元のような「企業の雇用が多い土地柄」が「特にSNSによる口コミ拡散しにくい地方」ということに……。

 

うーん、安直な結論は出せないので、まだまだ調査が必要ですね。

広告を非表示にする