静岡だもんで

静岡と東京を行ったり来たりしながら感じたことを綴ります(不定期更新)

「たこまん」のある生活

地元にあるお菓子屋さんといって真っ先に浮かぶのは、なんといってもココ!

たこまん:https://www.takoman.co.jp/shop/

 

子供の頃は、たこまんのチーズケーキがとにかく大好きでした。

ショートケーキのスポンジとも違う「ふわっと」且つ「しっとり」感。ジンワリと口の中に広がる甘いチーズの味。僕の中で「おいしいチーズ」といえば、たこまんのチーズケーキ。数年後に「チーズ蒸しパン」が発売されても、その地位が揺らぐことはありませんでした。

たまーに(本当にたまに)母親が夕食の買い物ついでに、たこまんへ寄ってきてくれた時は狂喜乱舞。大抵の場合おやつの時間は過ぎているため、食べられるのは夕食後のデザートとして。たこまんのチーズケーキが冷蔵庫にあると思うだけでソワソワ。夕食の支度をする母に向かって「早く作って」と急かして叱られても屈せず。どんなに好物のメニューが夕食に出てきても味わうことなく全力で早食い。完全にチーズケーキのことしか頭に無い(意識に無い)状態に。

そのくらいトリコになっていましたが、上京してからは、すっかりたこまん離れしてしまい、たまの帰省で家に「大砂丘」があれば食べる程度のお付き合いに。

大砂丘:https://goo.gl/b4KTg

 

そんな中、毎週欠かさず見ている番組「カンブリア宮殿」にて超地域密着経営の菓子屋として取り上げられ(放送日2016年2月11日)、久しぶりに「たこまん」を意識した途端、食べたい欲が沸々と。

f:id:Protopeller:20170115192616j:image

※残念ながら静岡では放送されていない番組ですが、テレビ東京の「ビジネスオンデマンド」に申込めば現在もPCやスマホで視聴可能です

ビジネスオンデマンド:http://txbiz.tv-tokyo.co.jp

自分が地元を離れている間、ゆる〜く細〜く営業しているものとばかり思っていたら、それはそれは着々と成長を遂げており、地域密着型のお菓子屋としては驚きの「売上高26億円」だそうで。甘く見ていてすみません。

f:id:Protopeller:20170115201259j:image

 

今度帰省した時は絶対にたこまんに行くぞーと意気込んでいたところ、それから間も無く、様々な事情が重なり地元で過ごす時間が増えるというマサカの展開。こりゃ完全にたこまん様のお導きです。(そういうことにしておいてください)

で、まず最初に食べたいものは、なんといってもチーズケーキ。でも残念ながら販売終了してしまったようで……。

代わりに、浜松の有名店サンフェアリーで売られていたものを再現した「懐かしのチーズケーキ」という品が(なぜか浜松ではなく)我が地元の浅羽店限定で販売されているではありませんか。

懐かしのチーズケーキ:https://goo.gl/19Aq0c

ホールサイズ5号(直径12cm)で税込800円のお手頃価格

 

家の最寄りが唯一のチーズケーキ販売店舗。こんなラッキーあっていいのかと喜び勇んで購入。食べてみたところ、うん、こりゃうまい!おいしいねー。懐かしいねー。5号のホールなんて1人でペロリですよ。(写真を撮り忘れるという大失態…)

食べてる途中「たしか自分が好きだったチーズケーキは上面がテカテカしたものだから別モノだし、懐かしいって感想は正しくないよな」と冷静になったりもしましたが、そんなことはどうでもいいんです。思い出の品とは異なれど「感動するほどおいしいチーズケーキ」という意味では同じ。これはこれで自分の好みド真ん中。

手頃なサイズと価格、なにより美味しい。販売店舗も限定されてるし、東京へ行く時に知り合い向けのお土産として持っていきたいなーと思ったけど、賞味期限は要冷蔵で1日……ちょっと厳しい……。(無念)

 

たこまんのラインナップは和菓子から洋菓子まで幅広く、新商品も含め、食べたことないものもまだまだ沢山あります。片っ端から食べていくのは気が遠くなるので、地元の知り合いに「たこまんでオススメって何?」と尋ねて、挙がったものから食べてみよう。それで気に入ったものを東京へ行く時に静岡土産として買っていこう。

 

知り合いに訊いてみて挙がったのが

音の郷 ケーキのラスク:https://goo.gl/trQGSJ

別の知り合いから挙がったのが

音の郷 ケーキのラスク:https://goo.gl/trQGSJ

更に別の知り合いから挙がったのが

音の郷 ケーキのラスク:https://goo.gl/trQGSJ

 

はい決定!(笑

まさか最初から3人連続で同じ答えが出てくるとは思わなかったけど、それだけ「地元の人が好んで食べるお菓子」ということ(ですよね)。

早速お試し……うん、たしかにおいしい!

ラスクというと、サクサク&カリカリ食感という印象だったけど、この「音の郷」シリーズはカリカリ度は低くサックリとした食感。表面に砂糖がまぶしてあるのではなく、全体に味が染みていて、大袈裟ではなく「ラスク」の概念(そして心構え)が変わります。

先日、東京の友人家族の家におじゃまする際の手土産に持って行ったところ、瞬殺で無くなってしまうほど大好評。静岡土産(西部地区限定)には、たこまんの「音の郷」がオススメですよ。

とか書いてると無性に食べたくなるのが「たこまん」の魅力だもんで。